2007年12月30日

ラジオスクールバンド/第十二回目(2007年12月27日)

ラジオスクールバンド/第十二回目は
話し手・・・ 竹田のりえ、はっちさん
ゲスト・・・ 齋藤和裕先生
音響担当・・・米子将晴さん
CM読み担当(ヤマ☆ハニ〜ィズ)・・・あとぐちさん
でお送りします。



テーマ「絶対音感ってなに?ドがドじゃないってどういうこと?」

おしゃべり(1)
♪絶対音感ってなに?
♪絶対音感がある人の音風景
 ・メリット(子どもの頃は人気者)
 ・デメリット(音楽がドレミでしか聴こえない)
♪どうやって身に付いた?(子どもの頃のソルフェージュ?)

おしゃべり(2)
♪長年の謎(「運命」のスコアに,実際にはないCl.の音が?)
 →移調楽器
♪バリトンサックス(Es管)との出会い,そして混乱。
♪解決への道のり→ソプラノサックス(B管)への移行,そして苦悩。
♪移調譜のもつ意味
 ・メリット(こちらの方が多いと思われるが)
 ・デメリット(絶対音感をもつ者には,つらい)

おしゃべり(3)
♪子どもたちに指導していく上での難しさ(低音楽器のヘ音記号とト音記号)
♪ドイツ音名(実音)との関係→バンド指導の実際
♪楽譜は,それぞれの楽器が演奏しやすいように長年をかけて改良されたもの

posted by やまてん at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオスクールバンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。