2008年02月03日

ラジオ市電特番/第四回目(2008年1月31日)

ラジオ市電特番! 第四回目
この番組は、山鼻地域をつなぐ、路面電車(市電)について、さまざまな話題から考えていきます。

CMは ヤマ☆ハニィ〜ズの前田加奈さんと木内彩花さん
いつも頼れるスイッチマンは米子将晴さん
そしてFMラジオカロスサッポロの協力と各スポンサーの提供で
今夜のお相手はムネちゃんとナオちゃん
こんな仲間でお送りします



今夜のお客様「札幌LRTの会」会長  市電の応援団長
北海道大学大学院経済学研究科教授 吉見 宏先生をお招きして

SANY0068.jpg

1 吉見宏先生の自己紹介
長崎生まれで、電車大好き
今日のネクタイもロンドンの2階建電車の柄
「札幌LRTの会」とは?
  市電・路面電車と都市交通の未来を考える会

2 「ハイブリット」試運転電車の特徴
現行との違い
 架線路線を走っている間に蓄電し、架線のない路線は充電した電力で走る。
札幌市の狙い
 車両更新期になり、路線延長を視野に、架線レス方式の導入を考えていた。
 車両メーカーも寒冷地札幌でOKならば、世界中に売れる。双方の思惑が一致。
   
3 なぜ「ライトレールトランジット」?
 一旦路面電車を廃止した欧米では、環境面、中量輸送の必要から各都市で復活
 フランスのニース、イギリスのクロイドンなどが早くから。
 日本でも広島、富山などで導入。
 架線が無く、景観に優れており、低床式で乗りやすい。

4 なぜ市電路線の都心への延長が必要
 高齢社会への対応
 環境負荷の低減
 都市の再生
 都心の空洞化・商業地域の衰退は、札幌の活力の衰退に
  都心での新たな過ごし方の提供  

5 夢は大きく
 都心から近郊へ
 東の苗穂、西の桑園へ
 南は(芸森、石山、藤野)、北は(屯田、石狩)
 地下鉄とJRの相互乗り入れは

6 最後に
 市民、沿線住民、利用の皆さんへ
 是非、声を大きく


やまてん地域NEWS&まちセン便り
 冬のイヴェント特集
・ゆき灯りin中島公園 2/1〜3菖蒲池周辺、自由広場では・・・
・山鼻まちセン 2/3 親子雪遊び大会 於 柏中  
・曙まちセン 2/17 親子雪のつどい 於 山鼻小
・59回さっぽろ雪まつり
 2/5〜11大通り一丁目にスケートリンク登場
・藻岩山に氷と光の展望テラス 
・円山動物園に氷の滑り台
・こぐま座公演(竹取物語)2/2,3   
・建築家展 2/1〜10 北海道近代美術館
posted by やまてん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ市電特番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。